駆除の為の専門知識

いかに虫を減らすことができるか

食品会社で、次々に問題が発覚して、異物混入について、マスコミでも話題にのぼることが多くなってきました。もちろん、食品会社でもその対策を打って行っているものの、完全に排除することが難しいのも事実です。しかし、一匹の虫が会社の行く末も変えるほどになってくると、会社の総力を挙げて取り組むべき事案になってきているのです。そのためには、設備的に古くなっている部分を、防虫使用に改築をすることが、近道になっています。以前の工場は、換気優先のため、外部に換気扇を設置していることから、侵入口として指摘される場所でもあります。今では、害虫駆除の観点から、そういった構造を見直し、製造室を部屋で囲み、直接外部に接しないような構造に変わってきています。

害虫駆除のために専門知識を

こういった設備改善を進めていっても、様々な問題点が浮かび上がるのが、害虫駆除の道のりです。外部発生、内部発生など、両面から常にチェックしていく必要があります。その現状を正しく知るためには、捕虫器などの捕虫グッズを設置しておくことです。これらは、人間の目で見ていても気が付きにくい虫の存在を教えてくれる役目を持っています。陰に隠れている虫や、夜しか活動しない虫など、捕虫器であれば、その現物を見ることができます。それぞれの虫を特定し、それにあった対策を行うのです。こういった虫の特定、分析は害虫駆除専門業者に相談すると、早々に判明します。さらに、害虫駆除業者は、それぞれに対処するための薬剤を保持しており、適宜、利用して駆除作業もしてくれます。